ネイルを楽しんでいってオシャレをもっと楽しもう

シンプルデザイン

マニキュアをつける

自分でネイルを楽しむ人が増えています。
しかし、せっかくきれいに爪にカラーを塗ってもすぐに剥がれてしまうことがあります。
カラーを長持ちさせるコツは、ベースコートとトップコートをちゃんと塗ることです。
特にベースコートはカラーの密着を良くさせる効果と、爪をダメージから守る効果があるので、ネイルを長く楽しむために必要なアイテムです。
また、日常生活の中で爪に負担がかかるような行動を避けることも大切です。
爪を立ててシールをはがしたり缶のプルタブを開けたりすると、そこから亀裂が入って剥がれてきます。
また、ジェルネイルやスカルプなどは長時間お風呂に入ったり、サウナやプールに入ることで落ちやすくなるので要注意です。

基本的にネイルカラーは長く持ったとしても3週間~4週間ぐらいが限度です。
しかし、生活の中で爪先をよく使っている人だと、わずか1日で剥がれることもあります。
ネイルカラーが剥がれやすい人におすすめなのが淡い色合いのカラーです。
ヌーディ―なベージュやピンクベージュなどは、爪先のカラーが剥がれても目立たないというメリットがあります。
逆に真っ赤なネイルなどは剥がれると目立つので塗り直す手間がかかります。
また、カラーを塗ったあとに3日に一回くらいのペースでトップコートを塗るとはがれにくくなります。
爪先の形は、丸いラウンド型よりもスクエアオフ型にしたほうが爪が割れにくく、カラーも落ちにくいと言われています。

このページのトップへ